スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

島田ゆかさんの絵本

とほほ。。。気がついたら最後の更新から1ヶ月以上。
最近日がたつのがおそろしく早い。
しかもこの暑さで、何もする気が起きない!
写真はとったりしているんですが、取り込む気も
起きず・・・。早く涼しくならないかなぁ。


で、子ども達がこの半年、どっぷりはまっているのが
島田ゆかさんの絵本。

かばんうりのガラゴかばんうりのガラゴ
(1997/11)
島田 ゆか

商品詳細を見る


バムとケロのおかいものバムとケロのおかいもの
(1999/02)
島田 ゆか

商品詳細を見る


なんかね、想像力を書き立てられます。
文字に書いてあるストーリー以外にもストーリーがありそうな感じ。
話に関係するメインのイラストの周りにもちょこちょことしたキャラクターが
たくさん出てきて、それらの動きも一応話が作れそうなんです。

耳が3つあるウサギとか、表情のない小さな犬?とか、目のでかいカエルとか、
ちまちましたイラスト、しかも作りこみが細かいので、大人も見ていてあきません。

おすすめです!

スポンサーサイト

2010.09.08 | | コメント(0) | トラックバック(0) | books

「だいちゃんとうみ」




続きを読む

2010.07.30 | | books

女の子のお出かけ服

女の子のお出かけ服

荒木さんの新刊でましたね~。ちょうど4月に結婚式があるので、娘にドレスを縫わなければと思っていたところです。パフスリーブワンピかわいい。サイズ130まであるからいいかしら。

いま手元にはこれがあります。
古めかしいけど、基本お出かけ服ってこんな形なのよね。ファミリアに通じるものがあります。

小さなレディのおすましドレス小さなレディのおすましドレス
(2000/05)
山本 美穂子

商品詳細を見る

2010.02.21 | | books

絵本から子ども向け文学へ

娘は今年6歳。絵本だけでなく小学校低学年向けの文字の多い作品も好きになってきました。小学生の子どもをお持ちの方にぜひお勧めしたいのは、作家、安房直子さんの文学です。

彼女のように透明で繊細な子ども向けの文学作品に出合ったことがありません。
「つぎはどうなるんだろう」という展開も上手で大人も楽しめます。

ハンカチの上の花畑 (日本の創作児童文学選)ハンカチの上の花畑 (日本の創作児童文学選)
(1973/01)
安房 直子

商品詳細を見る


ハンカチの上の花畑は、子どもの頃何度も何度も読み返したのが懐かしいです。
娘にもしょっちゅう読んでいるところです。

花豆の煮えるまで―小夜の物語 (偕成社ワンダーランド)花豆の煮えるまで―小夜の物語 (偕成社ワンダーランド)
(1993/03)
安房 直子

商品詳細を見る


ぜひ手にとって見て下さい。

2010.02.08 | | books

だるまちゃんシリーズ

My children are really crazy about DARUMA chan book series.

だるまちゃんとかみなりちゃん(こどものとも絵本)だるまちゃんとかみなりちゃん(こどものとも絵本)
(1968/08/01)
加古 里子

商品詳細を見る


だるまちゃんシリーズは、いくつかありますが、これが我が家のベスト!

最近追加したのはこれ。だるまちゃんの顔がぜんぜんちがーう。
だるまちゃんとだいこくちゃん 英語版/CDつきだるまちゃんとだいこくちゃん 英語版/CDつき
(2005/12)
加古 里子

商品詳細を見る


こちらもお勧め。帽子や扇のページではしばらく子どもたちとたのしめます!
だるまちゃんとてんぐちゃん(こどものとも絵本)だるまちゃんとてんぐちゃん(こどものとも絵本)
(1967/11/20)
加古 里子

商品詳細を見る

2010.01.09 | | books

«  | ホーム |  »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。